Lafayette 幸福の科学は宏洋さんの言っていること

Lafayette 幸福の科学は宏洋さんの言っていること。人間である以上神にはなれないって事。元お姉さん研究者が『幸福の科学は宏洋さんの言っていることが矛盾していると言っていますが若き天才から性格最悪の無能パワハラ男に手のひら返ししたことは矛盾とかいう言葉を超えて矛盾してませんか』の必要な事だけ教えます【入門用】。幸福の科学は宏洋さんの言っていることが矛盾していると言っていますが、「若き天才」から「性格最悪の無能パワハラ男」に手のひら返ししたことは矛盾とかいう言葉を超えて矛盾してませんか 大川隆法さんのご長男の遺産相続問題。幸福の科学」の教祖?大川隆法さんには。子供が人います。 その長男である
大川宏洋ひろしさんは。「幸福の科学」の文化?芸能方面の仕事をしてい
ました。 若き天才 大川宏洋さんの過去世は。ギリシア神話のエロスLafayette。今日もご訪問いただきありがとうございます。 これまで映画制作や俳優として
活動していた大川宏洋ひろし氏の。幸福の科学 脱退した『君のまなざし』幸福の科学流『君の名は。本作の何がすごいって。幸福の科学の総裁である大川隆法の息子?大川宏洋が
映画の総合プロデューサー。本作には青春もの。心霊ホラー。時代劇ものと。
多数のジャンルが混在しているのに。それをまとめ上げているのもすごいじゃ
ないか!伝わるものがある映画という媒体に。口に出して言っちゃう説法を
入れ込んじゃうと勿体無いと思いますよ。そういえば。幸福の科学の仕事の早
さは。清水富美加の出家騒動からわずか3日で暴露本を出版していたこと

自分の人生は自分で決めることが大事。本記事の内容につきましては。文末に記載いたしました幸福の科学グループ側の
見解もあわせてご参照ください。番組の小籔千豊さんでなくとも「何
から聞いていいのかわからへん」かんじなのですが。本日はズバリ「親」を
テーマにお話をうかがいます。宏洋さん 親と直接話すことが許されていなく
て。秘書の人が教育係であり身のまわりの世話をしてくれていました。ただ。
だからと言って扱っているテーマに賛同していたわけではありません。幸福の科学との訣別。父や母から直接レクチャーを受けることはほとんどなく。教団の職員が家庭教師
についていました。

人間である以上神にはなれないって事!これは事実だよ!大川隆法は人間である全ては大川隆法の口から出た言葉であり大川隆法はヒトラー如く人をマインドコントロール出来る人間なんだな!これって凄く怖いよなそう思わないかい?この世に本当の霊能者は俺は居ると信じてはいるが決して神なんかではないよ!新宗派は沢山ある人は何を信じようと日本では自由である正月の除夜の鐘知ってるだろ?人間には108つの煩悩があるだから鐘は108回ならすんだ人間は矛盾している生き物であるこれは過去の歴史を見ても明らかなんだからね!突っ込みは要らないからあくまで俺の考えとしてだからね!もう信者や幹部はあたまが狂ってしまっているので、総裁を尊敬している人は、ことごとく、社会から消えて、変人として、二度と表舞台には立てない状況がつづいているわけですが、このパターンは大川きょうことまったく同じパターンなわけでそれをくりかえしているのは、大川隆法なわけです。それをまたやったか、学習能力ゼロだなとただ客観的に分析しているだけなのに、信者や幹部は、しかたなく、信者が、もうなれた、こうなることは予想して、危機管理したなどと、まるで官僚や民主党政権みたいなことをいっているわけです。では、その危機を知らない人は、みごとに大川隆法に騙されたわけであり、そういう人は、もう信用ゼロになって、伝道ができないようになってしまったということが、分からないのでしょうか。この教団はまじめに信者を伝道した人が、損をするというとんでもない教団であり、責任感がある人が自殺しないといけないというぐらいとんでもないということが、証明されたわけですので、すこしはN国党の地道な市議会や区議会の活動をみならって、そういう積み重ねが信用をつくるぐらいは学んでほしいものです。矛盾だと思うのは幸福の科学の信者さんへの理解が足りていないのだと思います。なぜかといいますと、「若き天才」という言葉は、宏洋くんの守護霊霊言の内容をそのまま信じた人にとっては、その解釈になりますが、幸福の科学の今の信者さんたちは、昔と違って、誰かの守護霊が語った霊言や過去世をそのまま鵜呑みにしなくなっているからです。総裁先生も、降りた霊に、言いたいことを言わせてはいますが、普通の人間が嘘を付くように、霊も、嘘をついているかもしれないので、否定も肯定もせず、そのまま語らせて、真偽の判断は読者に委ねるスタイルをとって発表しているわけです。霊言はあの世の証明のためのものであって、信者はその霊の言うことを必ずしも鵜呑みにする必要は無いわけで、参考になるものがあれば、取り入れる、というスタンスですから。信者さんは、きょうこさんの離婚問題の時に、霊人というのは嘘をつくこともありえる、ということをつくづく思い知らされましたので、もう免疫ができ、目がこえて来ているわけです。だからその霊人が、いくら自分を大きく見せようとして菩薩だ如来だと言われても、内容が浅ければ尊敬もしないし、きく側はわり引いて聞くようになっているんです。だから、私は、ひろしさんの守護霊が、ご自身を、「イエス?キリストを創った存在」=本当のイエス?キリストの父は自分だということを語った時に、はっきり言って、腹が立ちました。何故なら、悪魔ルシファーの霊言を行った時に、悪魔の方は「宏洋くんは親和性がある」「憑くのが簡単」と言っていましたから、それを聞いて「宏洋さんは悪魔に好かれるような生活をされてるのかな」「大丈夫かな」と、信者たちは心配していたわけです。だから宏洋さんの守護霊が、いくら自分で、自分を、イエス?キリストを創ったなどと言ってもそれを信じた信者さんもいらっしゃっただろうけれど、日頃の言動が尊敬に値するものでなければ信じられないわけです。総裁も、少し首をかしげ、その霊言については肯定も否定もしていませんでしたから、とりあえず保留扱いのような感じでしたし。ひろしさんが会の幹部になった時には、支部は本当に大変でした。ひろしさんから流れてくる組織の司令に従って、ひろしさんの芸能活動の資金の布施を集めようとする動きに対して、信者さんがたくさん反発したからです。だって、歌も演技も下手なのに守護霊の方は「自分は芸能の神だ」「キムタクも指導している」と言うので、信者にしたら、「きょうこさんが自分のことをナイチンゲールだと言ってるのと同じレベル」にしか見えないわけです。組織活動は、法それ自体と違い、いろんな局長とかの司令や思惑が介在するので、組織から活動指針が降りてきても、それがどの局のどんな意図によって下ろされたものなのかをよく見極めて、自分が、納得のいくものを、行うようにしていかないと、時々変なものが混ざることがあります。宏洋さんの守護霊霊言は、やはり、師の総裁の教えに比べ格段に落ちます。総裁の教えはとても深遠で、心高める内容に溢れているので、私は高校の社会科の教師ですが授業に役立つ内容ばかりで、お釈迦様だと言われても信じるに値します。また、私のかつての恩師であるプラトンの本を翻訳していた大学教授に、イエス?キリストの霊言を昔、送ったところ、「これは公式の教会の見解とは異なりますが、大川先生の認識力には驚異と敬意を持ちました」という返事をもらったこともあります。ですから、信者も、結局は、総裁の法をしっかり学び、その霊が語る言葉や内容の高さ、深さを見極める智慧を身につけなければいけないということなんだと思います。従って、宏洋くんの守護霊の言葉をそのまま信じれば、「若き天才」となるし、日頃の行動などを見て総合的に判断していた人は、宏洋さんを「無能」だと思っていました。下手な歌をきかせないで欲しいというクレームはたくさんあがってましたから。だから、信者の側は、そんなに「矛盾」だと感じてませんよ。はじめから両方の意見があったというだけです。そして、総裁は、宏洋さんを最後まで信じていたので、信者がどんなに無能と言っても、ギリギリまで、宏洋さんがどこかで立ち直るのを待って、リベンジする機会を与えてたのだと思います。歌も練習すればもっとうまくなったでしょうし、総裁としては、宏洋さんが努力する方向に向いて欲しかったのでしょうけど、本人がそれらのクレームに目をつぶり、努力する方向に舵を取れなかったのは、残念です。努力してたら、歌や演技も上達し、名実ともに「若き天才」になれたのかもしれませんが。信仰は宗教にとっては存立基盤そのものですので、そこを積極的に否定する人は会としては肯定できませんよね。ちなみに天才性と社交性はイコールではないでしょう。天才的な才能を発揮したと言われる人に変人は多いですよ。その二面性に関しては矛盾しないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です