PDF福島第一原発の廃炉 核のゴミのお守代福島第一事故の

PDF福島第一原発の廃炉 核のゴミのお守代福島第一事故の。それの何処が発電コスト。科学的にも良いと証明された!だけどなぜ核のゴミのお守代福島第一事故の補償費用とか除染費用表面土壌を剥がす費用は続かない?【注意】。核のゴミのお守代は、原発のコストに含めていないのですか

核のゴミのお守代、福島第一事故の補償費用とか、除染費用(表面土壌を剥がす費用) そういったコストは発電コストに含めていないのですか 環境省。この法律は。福島第一原発事故に伴う放射性物質の拡散による環境の汚染への
対処に関し。国。地方公共団体。関係除染特別地域; 環境回復検討会; 除去土壌
の処分に関する検討チーム; 災害廃棄物安全評価検討会; 放射性物質汚染廃棄物PDF福島第一原発の廃炉。年3月 日の東京電力福島第一原子力発電所の事故から9年を迎える。
また。そもそも 兆円で事故処理費用が収まる可能性も少ないのだ。例えば。除
染 土壌などについては。現在。 万?の土壌などチウム水は希釈し。
すべて海洋へ放出費用は小さいので計上せず。風評被害の 年分補償核
のゴミと核燃料サイクル。根本的見直しで核兵器とのつながりを断て

福島第一原発の事故処理費用。東京電力福島第一原発事故から10年間で。廃炉作業や被災者への損害賠償。
汚染地域の除染といった事故処理にかかった費用は少なくとも13?3

それの何処が発電コスト?使用済み核燃料の費用は、当然含まれてるけど、事故処理とか関係無い。含めるわけがありません。含めたら、原発安い、安全の、嘘吐きがバレるから。こっそり、国民負担の大増税は避けられないでしょう。原発はバカがする発電方法です。「原発のコスト」とはどういうものを言っているのでしょうね。原発のコストが問題視されがちなのは、何十年も動かさないと元が取れなかったり、何十年も動かしても元が取れなさそうだったり、元を取ることにこだわった稼働を続けると修復不能な損傷で金輪際稼働できなくなる可能性が高くなったりするからです。さしたる根拠もなく見込んだ稼働でしかコストが見積もれず、稼働実績自体はそれとは大きくかけ離れている実情が最大の問題なのです。全て含まれています。詳しくは以下に示されています。『核のゴミ=使用済み核燃料』の処理費用として原発を持つ電力会社は原発の発電量に応じて『拠出金』を出してきました。しかし、六ケ所村の再処理施設は完成せず、建設費費用は何倍にも膨らみました。そのため、核のゴミの『お守り代』は大幅に不足しています。そのため、政府は『全ての電力使用者』から不足分を徴収しています。それは『託送料』に含まれている『使用済燃料再処理等既発電相当額』と言うものです。東京電力管内では0.11円/KWHです。原発を持たない電力会社から電気を買っても無理やり『核ゴミ処理費』を払わされる構造です。 福島原発事故の補償費は『東電の利益』から払われます。東電の利益とは『電気代』のことです。 福島で行われている除染は国の事業として行われています。つまり、1企業が起こした環境汚染を税金で補てんしているのです。 それらを含めたら『原発のコスト』は火力発電の何十倍にもなるでしょう。東電等の既存電力会社の帳簿上は発電コストには含まれておらず、さも原発を安価な電源と国民を欺く為の手法であります。『核のゴミのお守代』、福島第一原子力発電所事故の補償費用や除染費用表面土壌を剥がす費用等々のコストは発電コストに含まれていないのであります。もしも、使用済み核燃料の保管コスト、事故補償費用、除染費用、或いは廃炉費用をマトモに計上すれば、債務超過に陥るのであり、原発ほど『不採算』な発電方式は他には無いのであります。何れに致しましても、お挙げに成られた費用は原発コストには意図的に含まれておらず、これらのコストを全て計上していたのでは電力会社は破綻するしか無いのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です