1/200 戦艦大和や東京タワーは今の技術では作れない

1/200 戦艦大和や東京タワーは今の技術では作れない。鋲打ちのワザが途絶えたっていう話です。全てのぼくが知っておくべき戦艦大和や東京タワーは今の技術では作れないの基本ルールとテクニック95選。戦艦大和や東京タワーは今の技術では作れない という話を聞きました 本当ですか 戦艦大和や東京タワーは今の技術では作れないの画像をすべて見る。戦艦「大和」の主砲削った巨大旋盤。全長メートル。基準排水量万トンの威容を誇る史上最大の戦艦「大和」
。そのシンボルであるセンチ砲の主砲を削った工作機械が兵庫県明石市の機械
加工会社。きしろの播磨工場同県播磨町に現存する。「米太郎」に関連するイベント情報。選択肢は青敷地内の日本庭園。赤東京タワー。緑富士山の択。
という一言で。大成建設は戦艦大和の技術を応用して回転の試運転に成功した。
戦争のため中止になった年の夏季五輪は東京で開催される予定だった。
道路技術者たちは。完成した首都高速道路を見て「私たちには絶対に作れない」

5大戦艦大和や東京タワーは今の技術では作れないを年間16万円削るテクニック集!。1/200。具体的には↑右舷中央のユニットでは号罐。号罐。号罐で一つの分掌区に
なっていて…時や故障時に閉鎖できるようにしてあったり。余分な水ビルジ
を抜いたりの装置がところどころについていま人の出入り口がここにあると
都合が良いのでおそらくそのようになっていたのではないかと思いドアを描き
それにしても東京タワーは紙模型もすごい!戦艦大和の主砲は。現在の技術
では作れないとで見たような。新刀と古刀で地方によって鉄が違い作れ戦艦「大和」の3連装砲塔は「駆逐艦1隻」より重い。世界最大の戦艦として知られる旧日本海軍の戦艦「大和」。主砲は巨大な砲
で。これをひとつの砲塔に門ずつ計門装備していました。連装にまとめた
砲塔は極めて巨大なものでしたが。どうやって動かしていたので

艦つく。艦つく – – とは? 種類以上のパーツを組み合わせ。自分だけ
の艦船を創造可能。 圧巻の美麗グラフィックで再現されたあなたの艦を使って
バトル! 貴殿は母国を奪われたレジスタンスの長となり。国を取り戻すため
にみんなの作品。全国各地のファンから。作品とお便りが届きました。みんなはどんな風に
ブロックを楽しんでいるのかな?

鋲打ちのワザが途絶えたっていう話です。東京タワーは下で真っ赤に熱した鋲を高所にエイャッと放り投げ、上で受取る名人が居てそれを叩いてかしめる作業者に渡した。海外ではまだ残る戦艦大和?武蔵は騒音が凄かったらしい。今は当然、溶接になるが鋲打ちも機械を使う方法はすぐ出来るでしょう。工作機械では、砲身を削った超大型機械は現存し最近まで稼働を続けたが漸くお休み中。。とは昨日書いた通り同じような過去質をみかけましたが、46インチの削りができないとか、鋲打ちができないとかありますが、同じ技術?手法で作れないだけで、直径2m近い旋回ギアでもっと大きく高精度に削る技術はありますし、鋲打ちも短時間に1人で打つことができる鋲打ち機はありますので、もっと高精度に短納期で作ることは可能と思います。その話をした人の調査不足が原因かなと。ただ本当かどうかは、何を本当は言ったのか聞いてみないと???。前置技術の進歩は退化とクロスオーバーしており、使われなくなった技術は簡単に失われます。道楽とか博物館の展示位しか必要性がありませんが、失われた技術を再現するには、技術蓄積にも設備にも巨額の金が掛かります。基本的にモノを造るノウハウは10年ほどそれを伝える人が居なくなれば簡単に失伝します。部署が無くなれば経験者は方々に散り、その方達にも生活がありますから二度と同じメンバーでは集まれません。資料は散佚し、あるいは機密保持の為に定期的に破棄されこの世から消滅します。そして、終いには維持管理費用の削減により設備もなくなりますので、物理的にも製造が不能になる次第です。ここら辺ならまだ引き返せますが、30年も経てば当時働き盛りだった人たちがポツポツと鬼籍に入り始め、50年も経てばほぼ全滅でしょう。人間の寿命は短いとつくづく思います。本題んで、大和型の話に戻りますが、主要な主砲や装甲、気缶、機銃、射撃管制装置類の大まかな設計図や製造方法は残されていますが、特に主砲や装甲類で熱管理は最終的には個人の経験に依存しており、再現が難しい箇所です。まあ資料はあるので失敗を重ねながら時間と金を掛けて経験を積めば何とかなりそうなもんですが、巨大な砲身を造るピットや、分厚い特殊鋼を製造する設備がもはや必要が無くなり破棄されて久しいため、こいつらを設備するところからとなるので金額的にやっぱり難しい。だって他に使い道もないのに巨額の金が掛かるのですから。主要な装備類を何とかしても、巨大な船体を今さら旧いリベット打ちで構成せねばならず、まともな期間で造りたければ廃れたこの技術を大量の人間に覚えさせる所からとなります。というかこれまた他に使い道がないものを誰が覚えるのかと小一時間ryとまあ、つらつらと書いて来ましたが、設備と人材育成に莫大な金を掛ければ主要部分の再現は不可能ではありませんが、詳細図が失われているため完全再現は不可能です。例えば、大和型は未だにトイレの詳細な位置が不明ですし、軍艦の主要な性能に関わらない生活区画は興味を持つ人も記録する人も少ないので未解明な部分が結構あります。色々妥協して、主砲も装甲も艤装も最新化し、船体も溶接し、機関もガスタービンに改めたカタチだけ大和って方が安く早く造れ性能が遥かに良いですが、まあどのみち主砲と装甲はこんなサイズだとやはり設備からなので、大和専用に設備するのは現実的ではありません。当時製造に使われた技術が廃れたため。具体的に言うと「鋲接」です。読んで字の如く鋲を使って鋼鉄を接合する技術ですが、現代ではより軽量に済ませられる溶接に取って代わられたために鋲接を施工できる業者や職人は絶滅しました。戦艦大和や東京タワーは鋲接によって製造されたため、鋲接を施工できる業者がいなければ完全再現はできません。ただし、鋲接の使用を諦めて溶接で作れば完全とは言えないものの再現は可能です。また、再現のためだけに鋲接業者を一から育成し直すことも可能で、これなら完全再現も可能ですが莫大な費用と時間を費やすことになるので非現実的でしょう。ait********さんへ結構皆さんから回答を得ている様なので、私めは少し違った切り口をば。技術の旬、は在ります、確実に。電子回路設計を生業としている私は、息の長い製品の場合に、特にそれを感じています。例えば、何ら変更が無いのに、ルネサスのCPUが入手不可能に成るので、又は旧製品が製廃に成る、いや、新規採用非推奨指定に成っちゃうので、仕方無く他CPUに移植したり、基板改版をせねばならなく成ったりする。だから、物を作ろうと企画し、必要な開発を行ない、その時代に入手出来る部品等で製作したら、次の世代、更にその次の世代、と世代を進ませて行く必要が有るのです。新しい物、入手可能な物で、絶えず開発を続けて行かねばならない。今、東京タワーと同じ物を作ろうとしたとします。と、当時とは違って、鉄工所で精密に、大型部品?ブロックを製作して、それを運んで来てボルトで組み立てる。そうやってスカイツリーは作られましたし、東京タワーより遥かに高い物を作れた。し、踏ん張る形も四角→三角ならば、その面積?スパンも、高さに比して小さい?狭い。最適な設計は、諸般の情勢から、変わって来る。ので、同じに作る必要が無い、そう言った要請が無い、という事で、「今は作れない」という事に成るのだと思います。今の技術が退化しているのでは無く、当時の、それしか無かった技術の出番は、今はもう無い、と言う事なのです。逆に、算盤が合いさえするならば、こんな「姥桜」のエンジンを換装してでもコキ使ったりする。苦笑尾輪式は、操縦免許が別だそうで、それでも需要が在るから、免許を別に取得してでも操縦しようとし、飛ばそうとする。もし、今でも戦艦大和と同じ用兵思想で同じ戦法が求められるなら、同じ物を作る可能性は零では無い。しかし今は、造船はブロック工法だし電気溶接だし、そもそも大鑑巨砲主義では無い。と成ると、「戦艦」その物が要らない。ミサイルの方が欲しいし、航空戦力の優勢を考えると、米型の空母と一大航空機団の方がもっと欲しい。但し、攻撃型原潜を含む、直衛船団も含めて一式、を何組か。ってな膨れ上がり様に成るんじゃないかなと考えるのです。d^^;今の技術で作れないのではなく、当時の方法で作ることが現在は出来ない、になります。ただし、大和のほうは、現代では製造施設もなく、技術者もおらぬために装甲や主砲の砲身などがロストテクノロジーになっているため、再現不可能なので「今の技術」では作れないと言えます。戦艦大和は今現存している技術では同じものは作れないというのは聞いたことがあります。理由は、戦艦大和を作るのに使った鋼材やその加工法?設備などは、現在では不要とされ、キーとなる設備が破棄されてしまっているためだそうです。その情報源は?不確かな情報ですし、しかもそれをここで聞くのもおかしいとは思いませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です