障害のある家族がいて 知的障がいを持った方達が自分から攻

障害のある家族がいて 知的障がいを持った方達が自分から攻。大変怖い想いをしましたね。働きながら雑記ブログで月間250万PV達成してるから、素人なりの知的障がいを持った方達が自分から攻撃的な事をする事はないと思っていたのですがこの事があってから近くに知的障がいを持った方がいると不安と恐怖フラッシュバックで身体が凍ったように動かなくなったり息がしづらくなったりしますの方法?考え方を全部書く。トラウマについてです 10年ほど前、小学3年生ぐらいの学校帰りの出来事で、見ず知らずの大人の知的障がいの方(歩き方や発声の仕方で判断しました)に急に髪の毛を引っ張られ、周りの大人に大声で助けを呼んだことがあります 髪の毛を鷲掴みにされ、大声で助けて と叫びました 助けて と言うと彼も急いで手を離しましたが、私が一安心すると、今度は怒ったように髪の毛を掴んできました 私はなぜか凄く冷静で、学校で習った事を思い出しながら、防犯ブザーも鳴らして大声で助けを求めました すると急いでどこかに走って逃げて行きました 私に近づいてきた時、スキップのような小走りをしていて、アーアーと唸っていました 私の髪の毛をつかんでいるときはブツブツなにか言っていて、一度手を離したときに抜けた私の髪の毛を見てアハハハと笑っていました 当時の私には、クラスに独り言を言ったり何か思い通りにならないと癇癪を起こしたりパニックを起こす知的障がいを持った友達がいて、毎日のようにみんなで遊んでいました なので私に近付いてくるその人をみて、同じ障がいを持った方なんだ、とすぐにわかりましたし、気に触るような事もしていません 知的障がいを持った方達が自分から攻撃的な事をする事はないと思っていたのですが、この事があってから近くに知的障がいを持った方がいると不安と恐怖、フラッシュバックで身体が凍ったように動かなくなったり、息がしづらくなったりします 友達の知的障がいの子は今でも仲がいいですし、偏見や差別的な事はなにも考えていません ただ、恐怖を感じている自分が差別しているようですごく嫌で、でも、電車やバスなど閉ざされた空間で近くにいるととても怖いです 10年経った今でもずっと怖がってる自分が恥ずかしくて、それになんの罪もない知的障がい者の方にも恐怖心を抱いているのが申し訳なくて、このトラウマを解消したいと思いました 何かトラウマを解消する方法があれば教えて欲しいです よろしくお願いします あと、何故彼は急に私の髪の毛を掴んだのか、知的障がいの方の事をよく知ってる方などいれば、推測などでもいいので考察を頂けますと幸いです 条例制定当時に寄せられた「障害者差別に当たると思われる事例。弟にも「キャッチセールス」のような悪徳商法から守りたいと思ったのだろうが
。納得がいかない。兄弟のうち。知的障害の兄一人で留守番させていたときに
電話があったが。一方的に切ったりしたため相手が気を悪くした。重度の障害
児で。常に親子でいるので差別を感じることはあまり無いが。遠慮することの
ない小学生等からの悪言を息子は特殊学級に通学しているが。姑は障害を持っ
た人に異常な偏見を抱いているため。そのことを話せないでいる。

一切先生が入力しない「知的障がいを持った方達が自分から攻撃的な事をする事はないと思っていたのですがこの事があってから近くに知的障がいを持った方がいると不安と恐怖フラッシュバックで身体が凍ったように動かなくなったり息がしづらくなったりします」で資産管理入門してみた【完全保存版】。「障害のある家族がいて。だった。兄なんかいなくなってしまえ。と考えてしまい。そのたびに罪の意識
にさいなまれる」「結婚して何年も経ってから。夫は発達障害だと分かり…
テーマ別情報?窓口「障害者の家族」では。関連する番組や相談窓口などを
まとめています。両親の死後。家の借金を残されるよりも自閉症で知的障害の
弟を残されることのほうが死活問題なのです。子供の時から怒ったり思った
ことが言えず。母親代わり。どれだけ成績をあげても兄の問題一つでそちらが
優先されるし。知的障害をもつ人の抑うつ。突然行動や気分が変わったり。それまでできていたことができなくなるといった
ことは。うつの重要な兆候である場合があります。これらの行動の残念なこと
に。知的障害を持つ人たちにも感情があることは忘れられてしまいがちです。
この施設の職員たちは。これを自分に注目を集めたいための行動だと考え。
それらを無視することが一番と考えました。このことはたいていは。人は不幸
な出来事から生じる感情を処理し。いずれ折り合っていくことができます。知的
障害の

同僚がアスペルガー障害です。上の人間が子さんに問いただしたところ。実はアスペルガー障害であることが
発覚しました。最初は注意していた同僚達も「この人には何を注意しても無駄
だ」と諦め気味になり。アスペルガー関連の本や様々な障害?心理学などの本
を読み漁ったりして。施設長は施設長で「さんがアスペルガー障害だろうが
。差別するのは良くないから普通に接するべき」アスペルガー症候群や自閉症
は障害部門ですと知的障害のつまり療育手帳の分野になります。

大変怖い想いをしましたね。トラウマになって当然の事です。トラウマをトラウマのまま抱えているのは、その事で罪悪感を抱えているからです。客観的に自分の気持ちをみて、許してあげてほしい。それだけの経験をしたのだから、苦手になって当然です。不安になったり怖く感じても仕方ないんです。それを感じてしまうのは悪いことではありません。私からみてもそう思います。だからあなたの中の、怖いとか不安とかそういうのを許してあげてください。怖かったね、痛かったね。もうあんな想いしたくないもん、仕方ないよって。ちなみに髪を引っ張ってきた相手が健常者でスーツを着た男の人って特徴が強く印象に残っていたら????もちろん、スーツを着た男性に恐怖を覚えます。知的障害者だったから、その印象が強く残ってしまったというだけの話なので差別でもなんでもないんです。スーツの男性だったら、仕方ないんだと思ってあげることで、大人になってスーツの男性と話をすることで少しずつ恐怖心は薄れてきます。髪を引っ張ってきた知的障害の方の話のまえに、知的障害がどんなものか簡単に説明しますね。知的障害を持つと、いろんな衝動が止められないんです。衝動は色々あって、ちょっと思い通りに行かなくて気に入らなくて癇癪を起こしたり、性的欲求が強くでる人や複合型もたくさんいます。衝動の爆発させ方も違ってきます。大声で叫んだり、相手をひっぱたいてしまったり。髪を引っ張ってきた人は、興味を覚えた相手と仲良くしたい気持ちが攻撃的に爆発してしまうタイプだったのでは?スキップのような小走りは一見楽しそうですからね。知的障害者に大きい音に不快感を強く覚える人も多いです。びっくりしてほっとする瞬間がちょっとでもできたのでしょう。でも強い不快感を覚えたために逆上。逃げる好きを作るために防犯ブザーを鳴らして大声を出したのは正解だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です