輔弼/補弼ほひつの意味 輔粥←ってなんて読みますか

輔弼/補弼ほひつの意味 輔粥←ってなんて読みますか。”ほひつ”と打って漢字変換します。輔粥←ってなんて読みますか 禅の用語。役位茶礼。衆評茶礼は会議の意味ももつ。 暫暇, ざんか やむを得ない所用のため
に休みをもらうこと。通常。師親の大事以外は許可輔弼/補弼ほひつの意味。輔弼/補弼ほひつとは。意味や解説。類語。[名]スル1 天子の国政を
輔佐すること。2 明治憲法下で。国務大臣?宮内大臣?内大臣が天皇の権能行使
に対して助言すること。 – 国語辞書は万千件語以上を収録。政治?経済?輔粥ホヒツの意味や使い方。輔粥とは?歴史民俗用語。 読み方。ホヒツhohitsu天子の政治を
たすけること。

”ほひつ”と打って漢字変換します。大日本帝国憲法の天皇を補佐する機関の職務です。天皇の行為としてなされるべき、あるいは、なされざるべきことについて進言すること。特に大日本帝国憲法下において天皇に大権天皇大権の施行に過誤がないよう意見を進言することを意味した概念。 まぁ似たような言葉は、現行日本国憲法では天皇は内閣の助言と承認により国会を召集するとか、法令の公布に署名するってありますがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です