茨城県地震被害想定について/茨城県 三鷹在住ですが茨城で

茨城県地震被害想定について/茨城県 三鷹在住ですが茨城で。どういう地震なのか、で違いますので、簡単には言えません。知らないあなたは損しているなあと思う三鷹在住ですが茨城で震度7の地震がおきたらこの辺は何度くらいでしょうか。要約編。三鷹在住ですが茨城で震度7の地震がおきたらこの辺は何度くらいでしょうか 6とか来ますか 茨城県地震被害想定について/茨城県。内閣府が設定した首都直下のマグニチュードクラスの地震の中で県南部地域に
影響のある地震いばらぎデジタルマップにつの想定地震の震度分布を搭載
しました。をもたらす,つの地震上の想定地震の表で※印で示した地震
について,被害の様相被害シナリオなども含めてまとめたものです。地震情報。気象庁の最新情報。震源地。市区町村ごとの震度。マグニチュードをお伝えし
ます。地震関連のニュース。過去の地震情報もまとめています。気象庁。震源地は。茨城県沖北緯36.6度。東経141.1度で。震源の深さは約
40km。地震の規模この地震により観測された最大震度は5弱です。 [
震度1震度2 茨城古河市長谷町* 神栖市溝口* 神栖市波崎*

地震情報。地図画像と文字で震源地。震度。マグニチュードを素早く詳しく確認できます。
過去の地震も閲覧可能です。三鷹在住ですが茨城で震度7の地震がおきたらこの辺は何度くらいでしょうかの画像をすべて見る。地震情報。涌谷町登米市大崎市名取市蔵王町山元町仙台宮城野区塩竈市東松島市大衡村 福島
県 白河市須賀川市二本松市鏡石町楢葉町富岡町大熊町双葉町浪江町新地町 茨城
県 日立市笠間市筑西市鉾田市 栃木県 大田原市宇都宮市真岡市

どういう地震なのか、で違いますので、簡単には言えません。地震の大きさにはマグニチュードと震度があります。マグニチュードは断層が出すエネルギーの大きさ、震度はそれぞれの場所で感じた揺れです。茨城で震度7を観測した場合、どの断層が動いたのか、によって関東の揺れの分布が決まります。例えば。内陸の浅い地震の場合、大きな揺れを感じる範囲は狭いでしょう。主にその断層の周辺だけです2016年熊本地震や2018年胆振東部地震のパターンです。海溝型地震の場合は揺れの範囲は広くなります。たとえば南海トラフ地震で想定されている震度や津波の分布は気象庁のまとめが分かりやすいです。震度は震源のパワー、震源から観測点まで地震波が伝わる効果、観測点の地盤構造の効果の3つで決まります。断層は面積をもっていてその断層面の周辺では揺れが大きくなるということ、地盤が柔らかいところでは揺れが増幅されること、などが大事です。知恵袋では面で考えなければいけない断層を点や線で考えてしまった、不正確な震度分布の図を見ることがあります。関東の地下構造の仮定も間違っているようですから、地震の基本から勘違いされている方が作ったと思われます。ネットの地震の情報は不正確なものがおおいです。信頼できる情報源はどれかをいつも考えるようにしましょう。三鷹在住ですが茨城で震度7の地震がおきたらこの辺は何度くらいでしょうか?6とか来ますか? kft********さん→?過去の地震の場合、『「 15:15:34.2 茨城県沖 36°07.2′N 141°15.1′E 43km M7.6 最大震度6強」最大震度6強は、茨城県:鉾田市当間*』『東京都:震度4:三鷹市野崎旧2*』、『「 21:38:49.0 茨城県北部 36°43.2′N 140°34.4′E 11km M6.3 最大震度6弱」最大震度6弱は、茨城県:高萩市下手綱*』『東京都:震度2:三鷹市野崎旧2*』でした。『』内は、気象庁[ホーム各種データ?資料震度データベース検索]にて.「 11:19:31.6 茨城県南部 36°20.4′N 139°56.7′E 79km M5.9 最大震度5強」の場合、「三鷹市野崎旧2*」は震度3参考:「茨城で震度7の地震」ではなく、「震度7の地震」の場合「 14:46:18.1 三陸沖 38°06.2′N 142°51.6′E 24km M9.0 最大震度7」の場合、「三鷹市野崎旧2*」は震度:5弱「 17:56:00.3 新潟県中越地方 37°17.5′N 138°52.0′E 13km M6.8 最大震度7」の場合、「三鷹市野崎旧* 」は震度:3」?「首都直下のM7クラスの地震及び 相模トラフ沿いのM8クラスの地震等の震源断層モデルと震度分布?津波高等に関する報告書 図表集 平成25年12月 首都直下地震モデル検討会」省略内p41~43より。「今回2013年検討での地震のタ イプ」『図 50 首都直下の M7 クラスの地震の震度分布19 地震1都心南部直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.3 2都心東部直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.3 3都心西部直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.3 4千葉市直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.35市原市直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.36立川市直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.37川崎市直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.38東京湾直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.39羽田空港直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.310成田空港直下地震Mw7.3 フィリピン海プレート内の地震 Mw7.311さいたま市直下地震Mw6.8 地殻内の浅い地震Mw6.812横浜市直下地震Mw6.8 地殻内の浅い地震Mw6.813茨城県南部地震Mw7.3 プレート境界の地震Mw7.3※1 14茨城?埼玉県境地震Mw7.3 プレート境界の地震Mw7.3※1 15関東平野北西縁断層帯の地震 Mw6.9前回の計算結果 活断層Mw6.916立川断層帯の地震Mw7.1 活断層Mw7.117三浦半島断層群主部の地震Mw7.0活断層Mw7.0 18伊勢原断層帯の地震Mw6.8 活断層Mw6.819西相模灘の地震Mw7.3 地殻内の浅い地震横ずれ断層型Mw7.3※1:この表において「プレート境界の地震」は、北米プレートとフィリピン海プレートの境界の地震をいう』の場合、「三鷹市」の最大震度は6強「6立川市直下地震Mw7.3」ではないでしょうか。逆の観点でシミュレーションしてみました。茨城県側南部付近の地下構造を考慮して、震源の深さを60kmと想定します。そして三鷹市を震源とする地震で震度7に達する地震のマグニチュード7.8を想定した場合に茨城県側でどの程度の揺れとなるかを計算してみました。その結果、茨城県南部付近では震度5強から6弱に達する程度、茨城県北部では震度5弱から震度4の結果を得ました。この事から逆に考えると、茨城県南部を震源とする深さ60km付近でマグニチュード7.8の地震が起きると、三鷹市でも震度6弱に達する可能性があり、同様に北部が震源なら震度5クラスまでの揺れにしかならないと考えられます。なお茨城県で震度7が観測されても別域に震源があるようなケースも考えられます。少し条件が曖昧ですので一つのサンプルモデルと考えてください。● 三鷹市役所の地下60kmを震源としたM7.8の地震が起きた場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です