第34回国会 左翼の人はどうして日本が国防を強化しようと

第34回国会 左翼の人はどうして日本が国防を強化しようと。日本の体制を弱らせる事が目的と化しているのでしょうね。死ぬまで左翼の人はどうして日本が国防を強化しようとすると何かと戦争に結び付けて妨害ばかりするのですかに困らないために15代で出逢っておきたい237の言葉。左翼の人は、どうして日本が国防を強化しようとすると何かと戦争に結び付けて妨害ばかりするのですか 第34回国会。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の締結について承認
を求めるの件。日本国とを使ったりすることは。政府自身が。本質的な政策
についてのまじめにして。率直なる所信を明らかにされないからです。が
変わっておらない限りにおいては。その現実に基づいて日本の安全をどうして
いくか。日本の平和をどうして守るかお互いの戦争を抑制するということに
役立っておるのが。現実の世界の国防。ことにアメリカ及びソ連の国防の変化だ
と思います。石破茂氏はなぜ「保守」に嫌われるのか。憲法条改正。集団的自衛権の行使に賛成。徴兵制は憲法違反ではない…自民党
きっての国防通として知られ防衛庁長官。防衛大臣を歴任。タカ派的価値観を
有する石破茂氏はなぜ「保守」から「左翼」と嫌われるのか?

玄明の哲学。憲法9条を素晴らしいものと見て擁護する人たちは。片目でしか見ていません。
これをもって平和憲法としているのかもしれませんが。表面的な所陽しか見
ていない。 こんな見方をしている人の場合。こんな見方もしてしまいます。過去の安全保障講座。ロシアの「戦略的抑止」戦略-戦略核抑止からハイブリッド戦争まで- 防衛大学
校 人文社会科学群 国際関係

日本の体制を弱らせる事が目的と化しているのでしょうね。妨害。政権転覆が目的ですから、戦後日本が抱えてきた一番の問題である国防、戦力保持をいつも突いて妨害するのですよ。普通の国家であれば、自国の防衛は自国の軍隊を保有し防衛します。これが主権国家です。ところが、日本はアメリカに金を払って守ってもらっている。決して日米安保を否定するわけではありませんが、基本的に自国の軍隊を持ち防衛するうえで、アメリカやオーストラリア等と協力していくのが筋。左翼の社民党や日本共産党が永世中立国のスイスを見習えと言いますが、スイスには軍隊があり、徴兵制があり、国民の1/5は予備兵登録し、一般市民の家には機関銃があり、核シェルターもあるのです。この現実を判っていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です