社説トランプ氏の置き土産は海軍の拡大か 他国を刺激しない

社説トランプ氏の置き土産は海軍の拡大か 他国を刺激しない。艦載機による防衛戦力の迅速な展開が可能な空母は海上自衛隊は設立当初から渇望していました。いち早く9%?83%程度の完成度で人に見せられる他国を刺激しない事と安○自公政権下で自衛隊が米軍の下請け機関にされ米国が自身で空母を建造すれば莫大な国家予算が掛かるので植民地である日本に建造させて米軍の支援に当たらせるためを作ることがいかに重要か、という話【驚愕】。海上自衛隊のいずもかがも、実質的には小型空母なのに、護衛艦とかヘリコプター搭載護衛艦 (DDH) などと誤魔化している目的は、 他国を刺激しない事と、安○自公政権下で、自衛隊が米軍の下請け機関にされ、米国が自身で空母を建造すれば、莫大な国家予算が掛かるので、植民地である日本に建造させて、米軍の支援に当たらせるため、

という分析で良いでしょうか 社説トランプ氏の置き土産は海軍の拡大か。トランプ政権は残り少ない日々の一部を。太平洋での中国の動きを抑制するため
海軍をより大きく。より強くそしてトランプ氏の計画では。隻以上の艦船の
建造に。年間で億ドル約兆億円を拠出することが示唆されて
いる。米海軍はこのところ。休まず連続して任務に就く「ダブルポンプ」の
ような作戦を展開し。空母を酷使しての建造や特定のミサイル。統合防空
システムなどの点で。米国と同等あるいは米国を上回る水準に達したとの

空母は生き残れるか?米原子力空母が震える日2フィスコ。その理由の第一は建造費や維持費が膨大であることである。年に就役した最
新鋭原子力空母フォードの建造米国会計検査院が年に算出した米原子力
空母の建造費は約,億円。年間運用経費は約億円と推定されていた。米
海軍は空母を隻保有しているが。1隻でも失われると乗員等約,人に加え
。膨大な資産を失うこととなる。小型無人兵器の破壊力は限定的ではあるが。
空母の甲板に穴を開けたり。推進器を損傷させたりすれば。浮いて

艦載機による防衛戦力の迅速な展開が可能な空母は海上自衛隊は設立当初から渇望していました。憲法9条の足枷があり、当初はパールハーバーの世代であった為、アメリカも難色を示していましたが、今は世代交代が行われて海上自衛隊にもシーレーン防衛を強化して貰うためにも、アメリカは集団的自衛権や空母を容認しています。それまでのヘリコプター護衛艦は駆逐艦にヘリの格納庫とヘリ1機分の発着甲板しかありませんでしたが、ひゅうが型やいずも型は他国のヘリ空母同様に全通甲板を備え、アイランドは小型化されて右に設置されています。ヘリの運用能力を大幅に強化されたので海上自衛隊が望んだ戦力の展開及び対潜能力の向上が可能になりました。まあ何処からどうみてもいずも型やひゅうが型はヘリ空母ですが、どうみても空母なのを巡洋艦としている某大国もいますから何とも言えません。ぶっちゃけ「空母議論に関わる政治家がポンコツだから」です。少なくとも誤魔化しの理由は他国への刺激、アメリカが日本に~、と言うのはどちらも関係ないですね。実質空母を日本国内で言い換えたって他国はどうとも思わずむしろ「口でごまかしつつ空母作ってる!」とマイナスにしかなりませんので。アメリカが日本に空母を作らせるため、と言うのも名前を誤魔化す理由にはならないでしょうね。その場合にしてもアメリカからすれば日本が空母を作ったとして日本国内でどう呼ぶかなんてどうでもいいことですから。憲法でも法律でも「日本は空母持っちゃダメ」なんて文言は決まっていないので、空母の保持について閣議決定して国会で審議すれば良い話。これが時間と金を浪費したうえで運用上の制約までこさえてまで児戯のような言葉遊びをする理由は、結局のところ、とりあえず軍拡には噛みつく左翼政治家と空母保持議論を真っ向から行って支持率に影響を出したくない保守政治家、双方のモラルが低いから生じる話です。自衛隊を作るときに憲法9条との整合を取るため、?自衛隊は軍隊じゃないよ?という建前を作り、その建前を守るために、軍隊のイメージがある用語を出来るだけ使わないようにしました。このため、海上自衛隊の使う水上戦闘艦は全て?護衛艦?と言うことになりました。なので、今後もし戦艦大和が就役しようが、ミニッツ級空母が就役しようが、艦種は護衛艦です。また、護衛艦?いずも?の予算は民主党政権下で通過していますので、?○倍自公政権下で~?は関係ありません。ソ連のキエフ級、ロシアのアドミラル?クズネツォフ若干ソ連時代もあったがは空母ではなく、公称は重航空巡洋艦を名乗っている先例がある訳で。まぁ、これはモントルー条約が関係しているのだが???。海上自衛隊が、空母みたいな護衛艦が欲しくて建造したのだが使い途が悪いところに、金だけではなく自衛隊を戦争に出させたいアメリカが目をつけたんでしょう。いずもは、現段階ではヘリコプター搭載護衛艦でしかありませんよ。いつのまに航空機を搭載できるようになったのですか?全然違いますからね。先ず、日本は水上戦闘艦は須らく護衛艦と言い換えています。*流石に全部駆逐艦と言い張るのはどうかと思っていますが。*DDHとかDDGとかの艦種記号のうちDDが駆逐艦を意味していますからね。FFMを採用するんならDD必須ってわけでもないなみみたいだし。これは敗戦後の軍事アレルギーになった日本国民に対する忖度で、まぁ、ソフトな表現で護衛艦と言っていただけ。なので空母型だろうがなんだろうが護衛艦と言い換えるのは日本的には正しいです。誤魔化してもいません。*多分軽空母に改修しても護衛艦のままです。多用途運用護衛艦でしたかね? 航空機搭載護衛艦のほうがシンプルだと思いますが。*DDMかDDVあたりでしょう。他国を刺激しないことについては、2番艦に『かが』とつけるあたりあまり考えていないかと。日中戦争で空爆を行い、真珠湾での中核を担った、第一航空戦隊の加賀と同じ名前を採用するのはむしろ挑発的です。*というかその前の型が『いせ』『ひゅうが』と戦艦なのですから、『ふそう』『やましろ』あたりにしておいてもいいのです。*扶桑型は故障が多かったのであまり活躍していません。米軍の下請けとしての空母ならあんな使い難いのは作らないかと。というか最初っから空母として作らせますね。確かに最初っから空母として使えるようには考えていたでしょうが、空母として使うにはあれこれ余計なものが多すぎます。*いずも型は災害時には病院船になったり出来ます。というかいずも、ひゅうが、おおすみ型の3種は災害時に救急医療部隊と患者の搬送用の医療ヘリを搭載して洋上の野戦病院としての運用が想定されています。災害列島にとっては必要ですが、戦闘艦としては余分です。*これが発表されたのは空母化改修の後なので空母化しても医療機能を落とすようなことはしないんでしょう。お金の面でも、日本のお金でアメリカの造船所でアメリカ級を作らせたり、日本で作るにしてもライセンス料を取ったりしたほうがお得です。*同型艦なら運用ノウハウを教えるのも楽だしね。あと、米軍の支援?水上艦や潜水艦ではなく空母で? 馬鹿ですか?日本が空母を戦力化出来るのは早くて20年は後ですよ。艦載機のF-35Bが納入されるのに4~5年、2個飛行隊分が納入され部隊として戦力化されるのに更に5年。その後艦載機と空母の訓練、艦載機と空母と護衛艦や潜水艦との連携訓練、また航空自衛隊との連携訓練。*日本の空母は大型の固定翼機は運用できないから陸上機の支援は必須。これらを米軍並みに行えるようになるのに10年はかかります。*遼寧を導入した中国が空母を全然実戦配備しないのを見たら分かりそうなもんです。けれど、アメリカは既に空母打撃群の増設に動いています。退役するはずだったニミッツ級航空母艦の1番艦と2番艦の退役を撤回。新型空母の3番艦が就役するまで延期です。事実上の2個空母打撃群の増設。また、中型空母の新規建造なども検討されています。*中型といってもいずも型程度のしょっぱいのではなく、イギリスのクイーンエリザベス級に近い、艦載機30~50程度の代物。というか水上艦100隻増強に動いていますしね。そんな国ですからそんなしょっぱい貧乏ったらしいことはしませんよ。空母、を持てないからです。もっと勉強しましょう。「植民地である日本に建造させて」オイ、この部分訂正した方がいいぜ!前半は言わずもがなですが、後半、そこまで自虐的にならなくとも、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です