消費増税後 消費増税後日本は経済がめちゃくちゃになるので

消費増税後 消費増税後日本は経済がめちゃくちゃになるので。その通り過去の竹下政権や橋本政権は消費税増税しても。初めての合コンで一言も話せなかったわたくしが99年かけて積み重ねてきた消費増税後日本は経済がめちゃくちゃになるのでしょうかのノウハウを全部公開する(4)。消費増税後、日本は経済がめちゃくちゃになるのでしょうか 消費増税後。消費増税後。日本は経済がめちゃくちゃになるのですね?%増税した前回
よりもさらに深刻な不況になります。 日本経済はなんのための増税でしょうか消費増税前後の経済変動はなぜ生じるのか。今回は。ヨーロッパでは消費増税の前後で経済変動がほとんど生じないのに。
日本では大きな変動が生じるのはなぜか。その要因についてお話しします。
から消費税が上がるのであれば。駆け込み需要があるのだから。価格を上げる
という選択肢もあっていいのではないでしょうか。日本でなぜ転嫁の問題が
大騒ぎになるかというと。欧州型インボイスが導入されていないからです。消費税率引上げについて。安定的な財源を確保して。社会保障を全世代型に転換し。次世代に引き継ぐため
。消費税率の引上げが必要です。日本は速いスピードで高齢化が進んでおり。
高齢化に伴う社会保障の費用は増え続け。税金や借金に頼る分も増えています。
現在の社会保障制度を次消費税は。貯蓄?投資を行う意欲や勤労意欲に対する
影響が相対的に小さく。経済成長と親和的です。 また。輸入品には課税される
一方。輸出は免税となるため。事業者の国際競争力に中立的です。

消費増税後日本は経済がめちゃくちゃになるのでしょうかで月8万稼ぐための84のノウハウ。消費税10%後の日本経済。これまでの増税不可避論は。「財政破綻」の危機がいつ到来してもおかしくない
と言われる日本の財政状況を危ぶみ。できるだけ早いタイミングでの財政再建を
訴えるものであった。しかし。今回の消費税率引き上げは主に「社会保障の充実
を「日銀短観悪化。消費も。生産も。賃金の伸びも弱っている。つまり。消費増税の影響以前の問題
として。日本経済の足腰そのものの弱さ資金の使い方が保守的になる中で。
先々の収益源の開拓の機会をみすみす失っているということはないでしょうか。歴史は繰り返す。主婦の三井末子さんは昨年月の消費税率引き上げを前に。長年迷っていた
エアコンの購入を決断した。消費が停滞する増税後の日本経済はリセッション
景気後退の瀬戸際に立たされている。それも。新型コロナ

日本の消費税。消費増税に伴う景気への影響緩和策は「延長を検討すべきだ」とした。子育て
世帯や低所得者向けのプレミアム付き商品券は年月まで。キャッシュレス
決済のポイント還元制度は年

その通り過去の竹下政権や橋本政権は消費税増税しても 個人所得税の減税や相続税の減税で トータルでは減税です安倍政権は 個人所得税も増税 相続税も増税 何もかも増税です知恵袋では 安倍事務所に出入りする添付画像の筋が知られまいと 妨害工作をするみたいですね! 添付画像の筋が 必死に安倍政権を支えて国民資産を奪い取ろうとしています つまり 知恵袋で 「安倍政権は国民のためにならない」と宣伝しているのです一問一答Q増税したねらいはなんですか? 国の借金が膨れ上がる下地は、田中角栄内閣の頃からできあがっています。そして利権を守ろうとする官僚組織の抵抗があります。 過去にも福田赳夫 中曽根康弘、 橋本龍太郎 など歴代の首相が行政改革に取り組もうとしましたが激しい官僚の抵抗がありました。その結果、国の借金はとんでもない額に膨れ上がってしまったのです。これらは全て国民負担としてのしかかってくる危険をはらんでいます。 方策としては2つあり1つが増税 もう一つがインフレです。インフレを引き起こせば国の借金は実質的に棒引きできるからです。 現在は「デフレ脱却」「円高是正」などと言葉が行き交っておりますが、そうでない頃デフレと言われていないころはインフレを引き起こすことはとんでもない政策として国民の間に広く認識されていました。官僚も政治家も口に出せないタブーでした。そんなことをすれば不謹慎のそしりを招き、あるいは選挙で負けるからです。しかし、21世紀に入りデフレ社会、円高などの状況になりだんだん国民の感覚が麻痺してきました。デフレは、会社の収益に響くので失業率増加の原因になります。 円高は輸入する業者は得をして輸入製品を安く買えるメリットがある一方で、転売するだけなので雇用の増加にはつながりにくい面があります。この不満をこれ幸いと、国民にジワジワと負担増の形で舵を切ろうとしているのがアベノミクスです。 背後にいるのは財務官僚です。民主党政権時の野田氏を説得して消費税増税を強行させ、自民党公明党との三党合意のお膳立てをして民主党から自民党への政権交代を果たした後でも増税路線を維持できるようにします。そして景気条項をクリアさせるために失業率改善の名目で、日銀総裁を財務省OBに交代させて紙幣を大量に発行してインフレと円安に持ち込みます。これでお金の価値が下がり、国民の預金の価値も下がりますが、失業と不景気で感覚を麻痺している国民はこの弊害に気が付かなくなっています。2013年表向き「4~6月の景気動向を見て10月に消費税8%増税を決める」とされていましたが、参議院選挙の時は態度を保留して選挙の不利にならないように考えられた深慮遠謀です。 官僚の利権も問題ですが、このような問題を認識せずに「増税は仕方がない」と思い込む日本人の民度の低さが問題なのです。このままでは増税が続き日本人の生活が苦しくなり景気が悪くなるのは明白ですQ消費税は何に使われているのですか? 建前は増加する社会保障費に対応するためです。しかし、事実ではありません。特定の目的に使うのであれば特定財源にされますが、消費税は一般会計に繰り入れられて個人所得税や法人税と同じ財布に入ります。 即ち、上記の官僚利権で増え続ける国の借金に対応するためでしかありありません。 豊臣秀吉の刀狩りで、方広寺の釘になると理由をつけておきながら実際には一揆防止のためだったように建前と本音は違うのです。 同じ一般会計なら 法人税減税など論外Q消費税増税を決めた責任を民主党に押し付けて良いのですか? 違います。背後に財務省官僚がおり民主党、自民党、公明党に根回しをしました。つまり3党は共犯関係です。むしろ増税の後押しをした直接の責任は自民党です。 民主党野田佳彦政権時は景気条項があって完全な決定ではありません。完全決定したのは安倍晋三政権です。Q増税した結果のよかったことありますか?ありません。上記の通り官僚の利権は完全に維持されており、さらに社会保障制度のためでもありません。よく北欧に比べて日本は消費税が安いと言いますが、北欧は相続税がなかったり医療費や学費が完全無料だけでなく、寮生活の大学生には日本円で月10万円以上の補助金が出ます。重税分は福祉で還元されていますが、日本は25000人の天下り官僚がおり、4000を超える特殊法人や公益法人に天下りをして仕事をしない彼らに生涯で億を超える役員報酬が税金から支払われます。このような利権が国の財政を傾けているために、北欧ではありえない相続税増税や医療負担引き上げも行われましたQ増税しないと国債の信用が落ちるんですか?いいえ。日本の証券市場も為替市場も債券市場も売買代金は外国人の方が格段に割合が高いのです。アベノミクスの金融緩和で低金利で円安にすればドル建て資産基準で考えれば為替損が発生するため当然国債はマイナス金利になります。故に日銀が買い支える以外に国債の需給を維持する方法はないと言う最悪のスパイラルになります。日銀は悪意で国民の借金踏み倒し政策をしていますがこれぞ国債の信用を落とす真の原因です何も変わらないと思います。単純に考えれば、毎月の支払いが20万円ある人は、その内18000円が消費税というだけの話です。消費税導入前は消費税分を累進課税で所得税や住民税、保険料などで徴収していました。それだと金持ちや企業の税率を上げる事になるので、消費税に転化し所得税や法人税を下げたのです。かつての個人所得税の税率は最大88%、現在は最大55%です。法人税も最大は43%、現在は最大23%です。1億円稼いで手取り1200万円とか、日本から金持ちも大企業も逃げ出します。消費税の問題はあるにせよ、日本から金持ちや大企業が居なくなるよりは遥かにマシです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です