リーガルトピックス 医療事件裁判において裁判所鑑定は被告

リーガルトピックス 医療事件裁判において裁判所鑑定は被告。あは。【翻訳】夢とか、希望とか、見えないものも医療事件裁判において裁判所鑑定は被告側に有利に働くということが言われていますが裁判所は鑑定医をどのように選んでいるのでしょうかしている。。医療事件裁判において、裁判所鑑定は被告側に有利に働くということが言われていますが、裁判所は鑑定医を【どのように】選んでいるのでしょうか 医事紛争対策部より。従来から医療訴訟に鑑定は必要不可欠の存在でしたが。年月 最高裁に「
医事関係訴訟委員会」 が設置され。医療訴訟の。審理期間今回の放送は。
鑑定人とはどのようなものか。日本産婦人科医会で。鑑定人推薦がどのように行
われてきているかを。最近の情勢変化を含めその理由は。裁判官や。原告側。
または被告側の代理人である。弁護士が。医学や医療の専門家でないことに
あります。そして双方の合意をもって裁判所が最終的に選定し。依頼する
という運びです。リーガルトピックス。大阪地裁でも。医療訴訟の審理運営方針のダイジェスト版を公開しています
当たり前のことですが。このような記載が審理運営方針に記載されているのは。
裁判所からは。患者側が医学的な協力医の意見書が得られない場合に,患者
側が勝訴するためには鑑定が必要になるとケースが多いと思われます。訴え
提起時点において。可能な限り。過失の内容を特定して記載する。カルテの
翻訳については。裁判では。被告側病院側が行うこととされています。

「医療過誤訴訟マニュアル」大阪弁護士協同組合発行担当原稿。一方。代理人にとって。鑑定を利用するうえでの問題点としては。裁判所及び
当事者に医るのかがわからず。また。②そもそも専門化?細分化した医療の
どの分野の医師?研究者と言われている。 また。裁判上の鑑定は。私的鑑定と
異なり。鑑定書が出るまでは結論がわからない。鑑定 をしたことそして。
原告側が鑑定申請をするか否か。又は被告側からの鑑定申請に反対するか否かの
判化して。専門的知見に基づく判断が必要かつ可能になった時期と ということ
になろう。

あは。あなた、もう知ってるでしょ。違う人? どうでもいいとはと思うが。まとめてみるか。鑑定の手順としては、まずは当事者の申し出。と言っても、実質的には裁判所が選択肢として催促するわけだし、その決定権は裁判所にある。鑑定そのものではなく、鑑定事項を決めるために、指定した医師から助言を得たりすることもある。これは専門委員制度のこと。これは争点整理などの準備助言説明だけでなく、当事者の了解があれば意見を言うことができる。これがいわゆる裁判所鑑定となる。ともかく、鑑定医の決め方のあれこれをまとめてみよう。裁判所は各大学病院に推薦依頼をしている。候補者と当事者の利害関係は考慮される。利害関係とは、当事者の大学病院、被告医師の母校、当事者の協力医師の母校、患者が受診したことのある病院。しかし、同じ診療科、学会、同じ地域であるならば、利害関係は全くありえないとは思えないが、その程度の関係では利害見解があるとしては排除されない。 なかには専門家が日本でわずか数人しかいなくて、みんな親しい師弟関係だったという、どうしようもない事案もあった。この裁判の顛末は知らない。でも、たぶん、そんな利害関係じゃないんですよ。自分が村八分にされないため、あるいは自分の権勢を示すために、あるいは単に一般的同業者医師を守るために、味方をするだけなんだろうと思います。だからどれだけ正当妥当に選んでも無理なんです。他方、医療水準を決めろと言われたら、あなただったらどうしますか? 一番低いラインを設定しませんか? どんな仕事でもいいです。それ以下なら賠償を払うという事案だったとします。自分はこんな馬鹿なことはしないけど、至らない者もいるからやむを得ないってなりませんか? 医療水準は、教科書ならこうだけど、実際の現場はこうなっているという二重の水準がある。医療水準そのものは、病院によって異なる。これはそれぞれの病院や医師の能力によるので、患者側としては「教科書ならどうなのか」という争い方をしないと負けるでしょう。鑑定形式1単独鑑定大阪地裁他、多くの裁判所2複数鑑定の共同鑑定共同してひとつの鑑定意見を出す。単独並列型。複数鑑定討議方式3複数鑑定の複数鑑定複数の鑑定人がそれぞれ鑑定して複数の鑑定書がでる。複数鑑定個別方式。千葉地裁は2~3名。横浜地裁は2名4鑑定嘱託これはよくわからないが、ある組織や団体に対して鑑定を要請する形。ナントカ調査委員会のようなものでしょうか。誰が鑑定しているかもわからないものを、組織の権威で裁判所が採用するというのは間違っていると思う鑑定方式1書面鑑定多くの裁判所2口頭鑑定3書面のあとに口頭で意見を述べる方式。4カンファレンス鑑定を原則とする。東京地裁5アンケート鑑定あまりおこなわれない。レントゲン読影の鑑定。内科医会から10名の推薦をうけ、裁判所が年齢や経験年数などを平均化して5名を選び、誰が鑑定するのかは、当事者には一切知らせず、他の患者の画像もまぜて……。公明性を期してやるだけのことはやったようですが、5人中異常を見つけたのは2名。そのうちのひとりは別部位の誤診。つまり、正解は1名のみ。これでは「見落としは過失ではない」という判決となった。関係ないけど、これはけっこう恐ろしい現実さて、今回の質問の本題。鑑定人の選定これは近年少しずつより正当性の認められるものへと改善されている。だからこそ、どうしようもないともいえる。選定手続きは書記官がおこなっているようです。1東京地裁ネットワーク。これに横浜地裁、さいたま地裁、千葉地裁ものっかっている13大学病院による鑑定人推薦制度で、3人が推薦される。杏林大、慶応義塾大、順天堂大、昭和大、帝京大、東京医科歯科大、東京医科大、東京慈恵会医科大、東京女子医科大、東京大、東邦大、日本医科大、日本大学の附属病院の輪番千葉地裁の場合、県内の6つの大学病院の協力も得て、複数鑑定をおこなっている。これらのネットワークは日本全国に拡大しようとする動きがある。鑑定医が足りないから、全国から集められるようにしたいということです。2大阪地裁では、大阪地裁ネットワーク、大阪高裁ネットワーク、最高裁に設置された医療医事関係訴訟委員会最高裁ルートを通じた鑑定人の推薦依頼を使っていて、多くは大阪高裁ネットワークを使っているようです。この医療医事関係訴訟委員会最高裁ルートは、医師弁護士10人で構成され、各地の裁判所の要請に応じて、医学会に候補者の推薦を依頼する。単独鑑定の場合もあれば、複数鑑定の場合もある。3当事者による推薦。もちろん、双方が合意するのが前提で、裁判所が決定して指名する。この場合、適任である正当な理由を提出しないと、推薦した側に有利な医師であることとして逆に排除されてしまうことがありえる。狐と狸のばかしあいです。4裁判所の推薦。『医育機関名簿』を参考にしたり、裁判所独自に候補者名簿の作成を試みたりして依頼する。確認しながら書いていると面倒なので、もっと知りたければ、自分で調べてくれ。実際にやらざるを得ないときは、それぞれの鑑定方式のメリットデメリットをよく調べて対処すべし。まあ。こんなんやってたら敗訴ですけどね。なにか勘違いしてみえる人がいるので書いておくが。根本的には、鑑定医師が病院の味方をするとかという問題ではないんですよ。第3者の鑑定医にまかせるというのが決定的な間違いなんですよ。医療水準は流動的なものです。確固たるものではありませい。あらゆる医療訴訟は、やむを得ないのです。だって、現実に起きたでしょう? どっかの医師が失敗して起きたでしょう? そのことそのものは、ひとつの医療水準なんですよ。そういう現状なのだからいたしかたないのです。しかし、被害者は、そこで、そうではないと主張しないといけない。こんな失敗をしてもらっては困ると、主張したいでしょう?なんでそんな主張をするのに、第三者に頼むのですか? 自分に有利な医師意見書だけで闘うべきなんです。あたりまえのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です