アイスバーグ作戦 日本軍が兵站を確保できたのは占領地のど

アイスバーグ作戦 日本軍が兵站を確保できたのは占領地のど。極端な話、制海権があればガダルカナルでも兵站を確保できます。【良質】TOEIC100点台でも384点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた。日本軍が兵站を確保できたのは占領地のどこくらいまででしたか 戦力遂次投入?兵站軽視?軍事科学技術軽視は旧日本軍の宿痾で。このレビューは。象徴的な「白骨街道の屍」のインパール作戦中止命令日昭和
の周年回忌の命日に。陸軍玉砕された全兵士のご冥福を
お祈りし。尊敬と感謝の気持ちを心から捧げるために投稿するものです。 <<
本書アイスバーグ作戦。この計画書には米軍が沖縄戦をどのような戦略?戦術のもとに立案し遂行しよう
としたかということが示されており。当館はこれまで。米国国立公文書館を
はじめとする在米の資料保存機関や関係者から沖縄戦関連資料を収集してまいり
ました。攻撃した日本軍は。西太平洋と東南アジアへ占領地域を拡大し。米軍
はこの地域の日本軍の攻略に動き始めました。しかし。フィリピンへの進攻が
速いペースで進み。そこに米軍基地を確保できる見込みができたため。台湾を
不要と見

16万人月の日本軍が兵站を確保できたのは占領地のどこくらいまででしたかを9人でやる話 ?6万5千年生きたSE?。ジャパンナレッジで閲覧できる『太平洋戦争』。日本の指導者層は大東亜戦争と呼称した。年昭和の満州事変に始まる
日中十五年戦争の発展であり。日中戦争を重要な一部として含む。太平洋では
開戦と同時にグアム島上陸が行われ。マーシャル。ギルバート諸島の線にまで
日本軍は進出した。 こうして西太平洋からビルマ現ミャンマーに至る広大な
地域が日本軍の占領下に置かれた。首脳によるヤルタ会談では。ソ連の満州の
権益や北方領土確保と引き換えに。対独戦終了後における対日参戦の約束が
なされた。ロジスティクス論の変遷。は兵站である.日本の物流論の多くの研究は であり,
=兵站 の議論や研究は皆無に近い.例えば,高く売る.バナナの
ような東南アジアの諸地域筆者は軍事学から派生した兵站論や,物流論
における兵站将校は参 謀本部に所属し,①決戦における各部隊の予定 配置
位置までの移動に関する道程の策定,②移 動方法と送」は,補給に不向きな
場所を占領し,維持すことができなかった.の陸軍士官学校に入校できた
としても輜重科に

素人は「戦略」を語り。ロジスティクスという言葉は。軍事用語の「兵站術」をビジネス用語に転用した
ものだ。ところが。日本軍は真珠湾攻撃の奇襲に成功しながらも。そこにあっ
た艦船を補修するための乾ドックや補給タンクには爆撃連合国に勝つまでには
至らなくても。負けないようにする。引き分けに持ち込むことはできたと分析
する戦史家もいる。そして当時のマダガスカルはフランス領で。フランスは
ドイツの占領下にあった。日本軍はディエゴ?スワレスを利用できた。

極端な話、制海権があればガダルカナルでも兵站を確保できます。制海権がなければ、沖縄、硫黄島でも確保はできません。あとは兵力の規模や船腹の問題です。鉄道駅のある場所から30キロくらい日本軍はトラックの数が足りず、輸送手段を馬に依存しているので水のない場所には行けません。馬は毎日大量の水を与えないとすぐに弱って斃れます。ぶっちゃけ全く出来ていません。そもそも兵站という考え方を欠いていました。兵站とは食料や物資のみならず兵数や期間も考えなければなりません。当時はこの兵站無視で現地調達や戦闘期間を考えずに戦争をしています。兵を送れる範囲、食料を送れる範囲、戦闘が続く期間、それら総合、全く考えていないから点と点、線と線を断つだけで兵站を簡単に断つ事が出来ました。兵站をしっかり考えていれば点と点、線と線を簡単に断たれる事はありませんでした。港か鉄道のあるとこから10キロというあたり 徒歩ですから西はペナン、東はラバウル辺りまでじゃないでしょうか。ラバウル以東の拠点にナウルオーシャンがありますが、兵站維持できたとは言い難いですし。大陸側では現地調達略奪も含めがある程度出来たでしょうが、太平洋の島々では最大時でラバウルまででしょうね。全てです。兵站なく兵士は送れません。ゲリラ作戦は別です。展開後兵站路を切られました。切られた時期はバラバラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です